Windows 10 upgrade readiness tool 無料ダウンロード.Bring balance to your desktop

 

Windows 10 upgrade readiness tool 無料ダウンロード.Desktop Analytics とは

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2020年9月 4日 (金).Windows 10 更新エラー(0xFと0xED)

 
 
Aug 04,  · Microsoftは企業におけるWindows 7 SP1およびWindows からWindows 10へのアップグレードを支援するため、「 Windows Analytics 」というクラウドベースのサービスを無償提供しています。. このサービスは、Windows 10 Anniversary Updateに合わせ、プレビュー提供が開始されたものです(当時の名称は「Windows Upgrade Analytics」でした)。 Oct 02,  · 準備ツールキットは、Microsoft ダウンロード センターから無料でダウンロードできます。常に最新のバージョンをダウンロードし、使用することをお勧めします。 Nov 08,  · Desktop Analytics は、Configuration Manager と統合されたクラウドベースのサービスです。. このサービスは、クライアントの更新の準備に関するより多くの情報に基づいた意思決定を行Windowsします。. 組織のデータと、Microsoft クラウド サービスに接続されている数百万のデバイスから収集されたデータを組み合わせます。. Configuration Manager でデスクトップ分析を使用して、
 
 

Windows 10 upgrade readiness tool 無料ダウンロード.Desktop Analytics – Configuration Manager | Microsoft Docs

Windows 10 の仕様 Windows 10 Specifications Windows 10 IT 担当者フォーラム Windows 10 IT pro forums DISM またはシステム更新準備ツールを使用することによって Windows Update のエラーを解決する Fix Windows Update errors by using the DISM or System Update Readiness tool. 関連記事. Windows 10 Version および Windows 10 Version リリース ノートの更新内容 Aug 04,  · Microsoftは企業におけるWindows 7 SP1およびWindows からWindows 10へのアップグレードを支援するため、「 Windows Analytics 」というクラウドベースのサービスを無償提供しています。. このサービスは、Windows 10 Anniversary Updateに合わせ、プレビュー提供が開始されたものです(当時の名称は「Windows Upgrade Analytics」でした)。 Windows 10 Update Assistant. The Windows 10 Update Assistant downloads and installs feature updates on your device. Feature updates like Windows 10, version (a.k.a. the Windows 10 November Update) offer new functionality and help keep your systems secure. You’ll get these updates automatically after you download the Update Assistant
 
 
 
 

Microsoft Edge にアップグレードすると、最新の機能、セキュリティ更新プログラム、およびテクニカル サポートを利用できます。. フィードバックが Microsoft に送信されます。[送信] ボタンを押すと、お客様からのフィードバックが Microsoft 製品とサービスの品質向上のために使用されます。 プライバシー ポリシー。. Office アドインおよび VBA 用の準備ツールキットを使用すると、Office で使用する Microsoft Visual Basic for Applications VBA マクロおよびアドインでの互換性の問題を検出できます。準備ツールキットに含まれている Readiness Report Creator は、VBA マクロの互換性とアドインの準備状況の情報を収録した Excel レポートを作成します。組織はこのレポートから、Microsoft Apps への移行準備状態を評価できます。. 準備ツールキットは、 Microsoft ダウンロード センター から無料でダウンロードできます。常に最新のバージョンをダウンロードし、使用することをお勧めします。準備ツールキットは、レポートを実行し、最新バージョンをダウンロードするよう要求する場合、最新バージョンが使用されているかどうかを確認します。最新バージョンをインストールする前に準備ツールキットの古いバージョンをアンインストールする必要はありません。.

Readiness Report Creator は、Office 以降の Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Access、Project、Visio、および Publisher のファイルに含まれる VBA マクロをスキャンできます。また、Office で使用されている特定の種類のアドインもスキャンできます。すべての Office アプリケーションのアドインが識別されますが、これには Web アドインは含まれません。詳細については、「 VBA マクロについて分析されるファイル拡張子 」と「 Readiness Report Creator がデータを収集するアドインの種類 」を参照してください。.

ダウンロードされる MSI ファイルを使用して、ユーザーのコンピューターに準備ツールキットをインストールできます。インストール完了後に Readiness Report Creator を実行すると、UI ウィザードにより準備状況レポート作成プロセスが順を追って案内されます。また、コマンドラインから実行でき、スクリプトに使用できるスタンドアロンの実行可能ファイルもあります。これは、社内のユーザーから準備状況に関する情報を自動化された方法で収集する必要がある場合に便利です。「 社内の複数ユーザーから準備状況に関する情報を収集する 」を参照してください。.

準備状況レポートを作成する : 要件と制限、レポートの対象となる情報の選択、基本レポートと詳細レポートの違いについて説明します。. 準備状況レポートの情報を理解する : VBA マクロとアドインの準備状況に関する情報について説明します。. 社内の複数ユーザーから準備状況情報を収集する : またコマンドライン版の Readiness Report Creator を使用して、複数のコンピューターをスキャンします。. SQL Serverを使用してレポート結果を保存し 、Power BIを使用してレポート結果を分析し、特に大量のデータを含むレポートでExcelを使用する際の制限をなくしていきます。. ラベルを使用してレポートのデータを分類およびフィルタリングする : これにより、組織の準備状況を分析し、準備状況に関する決定を下すことができます。. レポートで収集したデータのプライバシーを管理する : ファイルのパスと名前に関する機密情報を非表示にする方法を説明します。. レポート内でアドイン使用に関する情報を収集し表示する : 組織内でどのアドインの使用頻度が高いか、誰が使用しているかわかります。.

追加情報 : Readiness Report Creator によって分析されるファイル拡張子、Readiness Report Creator がデータを収集するアドインの種類、および詳細レポートの作成時に Microsoft に送信される情報の例を収録しています。. Microsoft Access データベース エンジン 再頒布可能コンポーネント Access のクイック実行バージョンを使用していない場合のみ.

Readiness Report Creator は、パスワードで保護されているファイルをスキャンできません。このようなファイルをスキャンすると、レポートに「Password protected」と示されます。. 準備レポートの作成者は、既定では、SharePoint ドキュメント ライブラリ、OneDrive、またはその他の何らかのクラウド ベースのストレージの場所に保存されているファイルをスキャンできません。これらのファイルのいずれかをスキャンしようとすると、ファイル表示に「クラウド ベース」レポートにされます。考えられる回避策では、 クラウド ベースのファイルをスキャンする方法 を参照してください。. Readiness Report Creator は、Office ドキュメントに関連する問題を Excel ワークシートに 1 行ずつリストします。したがって、Readiness Report Creator が返すことができる結果の最大数は 1,, 件となります。この制限を超えることが見込まれる場合は、レポートの範囲を特定の部門などに絞り込むことをお勧めします。.

詳細レポートを作成することを強くお勧めします。これは、詳細レポートには Microsoft Apps と VBA マクロおよびアドインの互換性を評価する際に役立つ追加情報が収録されているためです。たとえば詳細レポートでは次の追加情報を確認できます。. アドインのサポート状況。たとえば、ソフトウェア プロバイダーが Microsoft Apps でサポートされているアドインを提供しているといった情報が、場合に応じてレポートに表示されます。. 最新の修復に関するアドバイスと準備状況を提供するため、Readiness Report Creator はレポートの作成時に Microsoft に連絡します。VBA マクロとアドインに関する一部の情報は Microsoft に送信されます。送信される内容の詳細については、「 詳細レポートの作成時に Microsoft に送信される情報の例 」を参照してください。. 重要: 詳細レポートの作成中は、準備ツールキットを実行しているコンピューターをインターネットに接続しておいてください。準備ツールキットでは一般公開されているウェブサービスを利用するため、以下の URL がファイアウォールで許可されている必要があります。.

Readiness Report Creator では、準備状況レポートが Excel ファイルとして作成されます。レポートに含まれる準備状況に関する情報は、レポートの実行対象の情報と、基本レポートと詳細レポートのどちらを選択したかに応じて異なります。. 各レポートの最初のページである [Overview] ページには、結果に関する全体的な情報と、使用可能なレポート VBA 、 Add-in 、またはこの両方 へのリンクが表示されます。.

ファイルの状態: このレポートでは、スキャンされたファイルがファイルの状態によって分類されます。次の表に、準備状況レポートに示される可能性があるファイルの状態と、ファイルの状態の説明を示します。. 重大度レベル: レポートでは、検出された VBA マクロの問題が重大度レベル別に分類されているため、検出された問題への対処に要する作業量を推定する際に役立ちます。1 つの VBA マクロで複数の問題が検出されると、最も高い重大度レベルが円グラフに表示されます。. VBA に関する詳細情報: 準備状況レポートの [VBA Results]、[VBA Remediation]、および [VBA References] タブには、類似する情報列が含まれています。次の表にこれらの列と表示される情報の説明を示します。.

アドイン レポートに表示される情報を調整するには。[Add-in Summary] タブのドロップダウン リストから選択項目を選択し、レポートを更新します。たとえば、Acess アドインと Excel アドインに関する情報だけを表示するようにレポートを調整できます。. 既定では、Office に付属のアドインは表示されません。このようなアドインに関する情報を表示するには、ドロップダウン リストで [はい] を選択して、レポートを更新します。ただしほとんどの企業では、Office に付属のアドインのアプリケーション互換性は懸念されません。. アドインの使用状況に関する情報を収集 し、使用されているアドインに関する情報のみを参照したい場合は、ドロップダウン リストで [はい] を選択し、レポートを更新します。.

アドインの詳細情報: Add-in レポートの [Add-in Details] タブと [By computer name] タブには、類似する情報の列が表示されます。次の表に、これらの列と、表示される情報の説明を示します。. Readiness Report Creator の UI ウィザード版の他に、コマンドラインから実行でき、スクリプトに使用できるスタンドアロンの実行可能ファイルもあります。このファイルの名前は ReadinessReportCreator. exe で、準備ツールキットがインストールされているフォルダーにあります。. ユーザーが Readiness Report Creator の UI ウィザード版を実行すると、ユーザーごとに 1 つずつ、個別の Excel ファイルが生成され、部門全体または支社全体の準備状況を把握することが困難になります。また、ユーザーが Readiness Report Creator を実行し、手順に正しく従うことを前提とする必要があります。.

ユーザーが実行する代わりに、Readiness Report Creator のコマンドライン機能を使用し、スクリプトを使用して Readiness Report Creator を実行し、ユーザーに代わってデータ収集を実行します。Readiness Report Creator が生成したファイルはネットワーク共有に保存できます。ネットワーク共有に保存する場合には、ネットワーク共有への適切な書き込み権限があることを確認します。. Microsoft Endpoint Configuration Manager で、または類似のエンタープライズ ソフトウェア展開ツールを使用して準備 ツールキットを実行している場合は、システム コンテキストではなく、ユーザー コンテキストを使用してパッケージを展開することを確認します。それ以外の場合、準備ツールキットは、最近使用した MRU 情報で、コンピューター上の現在のユーザーのレジストリ ハイブを読み込むことはできません。.

Readiness Report Creator のコマンドライン版では、UI ウィザード版とすべての機能が同じであるわけではありません。コマンドライン版では、最近使用された Office ドキュメントとコンピューターにインストールされているアドイン、またはネットワーク共有のローカル フォルダー内の Office ドキュメントのほとんどをスキャンできます。. 次に、VBA マクロとアドインの両方をスキャンし、結果を Finance 部門のネットワーク共有に保存するために実行できるコマンドラインの例を示します。アドイン スキャンを実行するため、コマンドラインの一部として addinscan オプションを指定する必要がある点に注意してください。. コマンドラインから Readiness Report Creator を実行するときには、Readiness Report Creator が Excel ファイルを作成しないことに注意してください。Readiness Report Creator はその代わりにスキャンからの VBA マクロとアドインの情報を含む JSON ファイルを作成します。.

さまざまなコマンドライン スキャンの結果を統合した Excel レポートを作成するには、UI ウィザード版の Readiness Report Creator が必要です。情報ソースとして [Previous readiness results saved together in a local folder or network share] を選択し、スキャンに関するすべてのファイルを保存する場所を指定します。Readiness Report Creator により、JSON ファイルの情報が 1 つの Excel ファイルの準備状況レポートに統合されます。. Readiness Report Creator では、Office ドキュメントのそれぞれの問題が Excel ワークシートの個別の行に一覧表示されることに注意してください。 したがって、Readiness Report Creator が返すことのできる結果の数は 1,, 個だけです。 これらの制限を超えると予想される場合は、レポートの範囲を特定の部署などに狭めることをお勧めします。 あるいは、SQL エクスポート オプションでは許容される結果数に制限がないので、多数の結果が予想される場合には、これが適している可能性もあります。.

既定では、準備ツールキットはタイムアウトまでに 1 つのファイルをスキャンするのに2分間費やします。コマンド ラインの「 -t」オプションを使用することで、準備ツールキットが 1 つのファイルをスキャンするのに2分以上時間を取れるようになります。. 準備レポート作成ウィザードまたはコマンドラインを使用できます。 準備レポート作成ツールを使用している場合は、 ローカルフォルダ内のOfficeドキュメントまたはネットワーク共有 または 過去の準備結果をローカルフォルダまたはネットワーク共有にまとめて保存する オプションを選択します。 次に、 レポート設定 ページで、 SQLサーバーレポート を選択します。 必要な資格情報と使用するデータベースの名前を入力します。 データベースが存在しない場合は作成されます。.

Excelファイルを作成する代わりに、同じ情報を含むPower BIレポートが作成され、結果を確認できます。 この Power BI レポートは、必要に応じて拡張したり変更したりできます。 ファイル拡張子は. コマンドラインバージョンのReadiness Report Creatorを使用している場合は、ReadinessReportCreator. exe -helpと入力して、SQLサーバーデータベースを使用するための適切なコマンドを表示します。 たとえば、次のコマンドを使用すると、Windows認証の代わりにReadinessという名前のローカルSQLデータベースを使用し、SQLサーバー認証を使用して、会計部門の過去の準備結果からレポートを作成できます。.

準備ツールキットによって作成されたレポートでデータを分類およびフィルタリングするために、最大 4 つのカスタム ラベルを指定できます。ラベルは、最近使用した Office ドキュメントとユーザーのコンピューターにインストールされているアドインのスキャンに基づくレポートで使用できます。. カスタム ラベルには任意の文字列を指定できます。たとえば、ラベルを使用してユーザーの部門、役職、位置を示すことができます。準備ツールキットをユーザーのコンピューターで実行している場合は、カスタム ラベルが収集され、作成されるレポートで使用できるようになります。たとえば、レポートにフィルターを適用して、財務部門のデータのみ、またはアフリカの支店からのデータのみを表示することができます。ラベルは一貫した方法 たとえば部門にはラベル 1 を常に使用するなど で割り当ててください。.

Office テレメトリ ダッシュボードを使用しており、タグ ラベル を既に構成している場合、準備ツールキットはユーザーのコンピューターのスキャン中に、これらのラベルを自動的に収集し、レポートで使用できるようにします。ただし、準備ツールキットで指定したラベルは Office テレメトリ ダッシュボードには表示されません。. 機密情報や機密情報を含むファイル名を使用して Office ファイルを保存することは組織内ユーザーにとって一般的な作業です。ユーザーのプライバシーを保護して、機密情報の漏洩を防ぐためには、準備ツールキットによって、スキャン中に検出されたファイルのパスとドキュメント名非表示にしてレポートを作成できます。こうした情報を非表示にするレポートは、UI ウィザード、またはコマンド ラインから Readiness Report Creator を実行すると作成できます。.

UI ウィザードを使用する場合は、まず「最近使用した Office ドキュメントとこのコンピューターにインストールされているアドイン」 または「ローカル フォルダーまたはネットワーク共有にある Office ドキュメント」を作成を希望するレポートのタイプとして選びます。ウィザードの次のページで処理を続行する前に、[ ファイル名とパスを非表示にする ]のチェック ボックスを選択します。. log」というファイルがスキャンが実行されたコンピューターに作成されます。このファイルにはスキャンされたファイルパスとファイル名の完全なリストが含まれ、情報は非表示になっていません。また、このログファイルにはリストアップされたファイルそれぞれに割り当てられた参照コードも含まれます。これによって、詳細な調査が必要となる VBA マクロあるいはアドインの問題がレポート内に検知された場合に、レポート内の特定ファイルを識別できるようになります。「file-names. 対象範囲のユーザーと使用行動を良く把握するできるように、使用エージェントを少なくとも30日間使用することをお勧めします。モニタリング期間が終了すると、情報を収集し、レポートに表示するために、準備状況レポートを作成します。必要な情報が得られたら、グループ ポリシー設定を変更して、使用エージェントを無効にします。.

Silverlight、Shockwave Flash、および Macromedia Flash コントロールは、Microsoft Apps で有効化されないようにブロックされます。詳細は、 技術コミュニティのこちらの記事をご覧ください 。. これらのコントロールが含まれる Office ファイルを特定するには、準備状況レポートを作成するときに、すべての Office ドキュメントをスキャンすることも選択できます。こうすることで、ファイルにマクロが含まれていない場合でも、すべての Office ファイルがスキャンされます。スキャンするファイルが多くなるため、レポートの作成にかかる時間が長くなります。.

Readiness Report Creator は、SharePoint ドキュメント ライブラリ、OneDrive、またはその他のクラウド ベースの保存場所に保存されているファイルをスキャンできません。このようなファイルをスキャンしようとすると、レポートではそのファイルが「クラウド ベース」と表示されます。.

考えられる回避策は、これらクラウド ベースのファイルのローカル キャッシュをユーザーのコンピューターでスキャンすることです。ファイルがクラウド ベースの場所にのみ格納されている場合は、OneDrive または SharePoint の共有にマップされたネットワーク ドライブを作成できます。その後、Readiness Report Creator はそのドライブをスキャンできるようになります。ただし、この場所をスキャンする場合、スキャンを実行するためのメモリにファイルをダウンロードしなければなりません。そうしたファイルの数とサイズによっては、スキャンに必要な時間が大幅に長くなり、ネットワーク帯域幅の使用量が高くなることがあります。. Office VBA マクロ プロジェクト署名のセキュリティを強化するために、Microsoft では、VBA プロジェクト署名パターンのより安全なバージョンである V3 署名を提供しています。 組織は、V3 署名をすべてのマクロに適用して、改ざんのリスクをなくすことをお勧めします。.

Excel で結果を表示するには、準備 ツールキットを実行し、[ 準備レポートの作成 ] ページで、[ ローカル フォルダーまたはネットワーク共有ファイルに共に保存された以前の準備結果 ] を選択します。 次に、コマンド ラインで sigscan を使用して作成した JSON ファイルを指定し、準備ツールキット ウィザードの手順を完了します。. V3 署名を使用するためにファイルをアップグレードする方法などの詳細については、「 署名されている Office VBA マクロ プロジェクトを V3 署名にアップグレードする 」を参照してください。.

次の表に、Readiness Report Creator がデータを収集するアドインの種類を示します。 すべての Office アプリケーションのアドインが識別されますが、Web アドインは含まれません。Microsoft Apps で実行できることが確認されている COM アドインのサポート状況の情報が提供されます。. 詳細レポート を作成することを選択すると、一部の情報が Microsoft に送信されます。. Readiness Report Creator により作成されるレポートは、マクロとアクティブ コンテンツを使用してレポートに情報を表示します。したがって、VBA マクロの互換性とアドインの準備状況の情報をレポートに表示するには、Excel でマクロとアクティブ コンテンツを有効にする必要があります。Excel でマクロとアクティブ コンテンツが有効になっていないと、レポートを開いたときに [Overview] ワークシートに [Getting started] メッセージが表示されます。これは、メッセージ バーで [コンテンツの有効化] をクリックするだけで有効にできます。.

マクロ設定の選択項目の詳細については、「 Office ドキュメントのマクロを有効または無効にする 」を参照してください。. アドインが「Unknown」または「Insufficient data」として分類されている場合、Microsoft には、アドインに関して準備状況を判別できるだけの十分な情報がありません。組織で業務上重要なアドインの場合は、次のいずれかを実行できます。. ReadyForOffice microsoft. com に連絡します。Microsoft 出は可能な限り、アドインの準備状況を Microsoft のデータベースに追加できるように取り組みます。アドインに関する可能な限り多くの情報を提供してください。次に例を示します。. 準備状況レポートを表示する際に問題が発生すると、エラー レポートを Microsoft に送信するかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。たとえば、レポートでのグラフの作成や収集データに対するクエリの実行で問題が発生した場合などです。. エラー レポートを Microsoft に送信すると、準備ツールキットの向上に役立ちます。Microsoft に送信されるエラー レポートには、個人を特定できる情報は一切含まれていません。次の表に、エラー レポートで Microsoft に送信される情報を示します。.

メイン コンテンツにスキップ. このブラウザーはサポートされなくなりました。 Microsoft Edge にアップグレードすると、最新の機能、セキュリティ更新プログラム、およびテクニカル サポートを利用できます。 Microsoft Edge をダウンロードする 詳細情報. 内容 フォーカス モードの終了. 保存 編集 共有 Twitter LinkedIn Facebook 電子メール. エクスペリエンスを評価してください はい No. 重要 準備ツールキットでは、VBA マクロのコードは修復されません。詳細レポートを作成すると、VBA マクロ コードの修復に関するガイド 使用可能な場合 がレポートに組み込まれます。. com までメールにてご連絡ください。. 注意 64 ビット版の Excel を使用することをお勧めします 特に準備状況レポートに , 件を超える結果が含まれると見込まれている場合 。 Windows 7 と Excel は、現在ではサポートされていません。. 注意 Microsoft Endpoint Configuration Manager で、または類似のエンタープライズ ソフトウェア展開ツールを使用して準備 ツールキットを実行している場合は、システム コンテキストではなく、ユーザー コンテキストを使用してパッケージを展開することを確認します。それ以外の場合、準備ツールキットは、最近使用した MRU 情報で、コンピューター上の現在のユーザーのレジストリ ハイブを読み込むことはできません。.

注意 Office テレメトリ ダッシュボードを使用しており、タグ ラベル を既に構成している場合、準備ツールキットはユーザーのコンピューターのスキャン中に、これらのラベルを自動的に収集し、レポートで使用できるようにします。ただし、準備ツールキットで指定したラベルは Office テレメトリ ダッシュボードには表示されません。. 注意 準備ツールキットの本リリースでは、Office を実行しているコンピューター上のアドインの使用状況に関する情報は収集されません。. 注意 sigscan を使用するには、 年 3 月 19 日にリリースされた準備ツールキットのバージョン 1. Readiness Report Creator は、ユーザーの最近使用されたファイルのリストにある Office ドキュメントだけをスキャンします。これにより、スキャン対象を、ユーザーが定期的にアクセスするドキュメントに絞り込むことができます。 また Readiness Report Creator は、Readiness Report Creator が実行されているコンピューター上にある Offie のアドインをすべて検索します。.

Readiness Report Creator は、指定したフォルダーまたはネットワーク共有に保存されている Office ドキュメントをスキャンします。Readiness Report Creator は指定された場所とその下のサブフォルダーをすべて自動的にスキャンします。 注: このオプションでは、Readiness Report Creator が稼働しているコンピューターにインストールされているアドインは検索されません。. このオプションでは、複数のスタンドアロン コンピューターからの個々の準備状況結果が統合されたレポートを作成できます。 たとえば、Finance 部門のすべてのコンピューターに対して Readiness Report Creator を実行し、各スキャンの結果をネットワーク共有に保存したとします。その後このオプションを使用して、Finance 部門の統合レポートを作成できます。 詳細については、「 社内の複数ユーザーから準備に関する情報を収集する 」を参照してください。.

既に Office テレメトリ ダッシュボード を使用してアドインの互換性を評価している場合は、既に収集しているこの情報を使用して、準備状況レポートを作成できます。この場合に必要な操作は、Readiness Report Creator に対し、Office テレメトリ ダッシュボードにアクセスするための適切な情報を指定することだけです。 注: このオプションでは、Readiness Report Creator は VBA マクロを検索しません。このオプションを実行するユーザーには、データベースに対する GRANT SELECT アクセス権が必要です。. スキャン結果の全体的な概要を示す 3 つの円グラフが表示されます。 各円グラフには、スキャンされたファイルの状態、スキャン中に検出された独自のマクロの準備状況、スキャンされた独自のファイルの準備状況が表示されます。これらの円グラフに表示されるファイルの状態と準備状況の値については、このセクションの後半にある表を参照してください。 準備ツールキットでは、複数のファイルで再利用されるマクロを識別する VBA マクロ コードの一意のハッシュが作成されます。また、重複ファイルを識別するために同様の処理が行われます。これは、評価する必要がある一意の VBA マクロと一意のファイルの実際の数を把握できるようにすることを目的としています。 注: 64 ビット版 Microsoft Apps の展開を予定している場合、必ず [Include bit readiness data] のチェックボックスをオンにし、レポートの更新を済ませてください。.

事前に定義されているピボットテーブルを示します。これらのピボットテーブルから、スキャンでキャプチャされたデータを分析できます。 これらのピボット テーブルが特定のニーズに合わない場合、[VBA Results] ワークシートのデータに基づいて独自のピボットテーブルを作成できます。.

Readiness Report Creator がスキャンした各ファイルの情報を示します。スキャンしたファイルで複数の問題が検出された場合は、問題が 1 行に 1 つずつ示されます。 各列に表示される情報の説明については、このセクションの末尾にある「VBA に関する詳細情報」という見出しの下にある表を参照してください。. スキャン中に検出された VBA マクロ コードの変更案を示します。 各列に表示される情報の説明については、このセクションの末尾にある「VBA に関する詳細情報」という見出しの下にある表を参照してください。. コードと VBA プロジェクトで検出されたリファレンスを示します。これらのリファレンスは、VBA コードで使用するために、外部 DDL、リンク ファイル、および ODBC 接続の呼び出しに使用されます。 各列に表示される情報の説明については、このセクションの末尾にある「VBA に関する詳細情報」という見出しの下にある表を参照してください。.

このファイルは SharePoint ドキュメント ライブラリ、OneDrive、またはその他のクラウドベースの保存場所に保存されているため、スキャンできませんでした。. 何らかの理由でファイルをスキャンできませんでした。たとえば、Readiness Report Creator のアクセス権限が、ファイルへアクセスするためには十分でなかったか、ファイルが破損しているか、またはファイルの形式が非常に古い Office ファイル形式である場合などです。.

スキャンを実行するコンピューターに必要な Microsoft Access データベース エンジン がインストールされていなかったため、ファイルをスキャンできませんでした。. スキャン実行中に読み取ろうとした VBA コード ストリームが無効な形式でした。サポートされているバージョンの Office でファイルを開いて保存すると、Readiness Report Creator がそのファイルをスキャンできることがあります。.

実行時またはコンパイル時のエラーは予期されていませんが、API の機能が何らかの方法で変更されています。ユーザーが Microsoft Apps を使用してこのファイルに対しスポット チェックを実行し、予期されているとおりに機能することを確認することをお勧めします。環境で問題が発生する可能性を最小限に抑えるため、マクロを通常実行するコンピューターでスポット チェックを実行することが理想的です。. コードがこれまでの Office バージョンと同様に今後も機能するためには、重大なコード リファクタリングが必要です。たとえば、API が廃止されたがその代わりとなる機能が提供されていない場合などです。この場合、唯一のオプションは機能を再作成することです。.

Private Declare Function FindWindow Lib “user32” Alias “FindWindowA” ByVal lpClassName As String, ByVal lpWindowName As String As Long. Private Declare PtrSafe Function FindWindow Lib “user32” Alias “FindWindowA” ByVal lpClassName As String, ByVal lpWindowName As String As LongPtr.

カスタム ラベルの値 構成されている場合 。詳細については、「 ラベルを使用してレポートのデータを分類およびフィルタリングする 」を参照してください。.